2015年11月29日日曜日

ダラスーヒューストン間に新幹線 導入計画 by Mitsuru

 こんにちはMitsuruです。

何かと注目されているテキサスのダラス― ヒューストン(400km)間に新幹線を走らせる計画があると知人から聞いて早速ネットで検索して見た所、2021年、完成を目標に計画が進んでいるといった記事を目にしました。

N700系をベースにした車両が使われるそうです。

それが実現すれば1時間30分で移動が可能になるのでダラス、ヒューストンに住む人達にとって特にビジネスマンにとっては有り難い限りです。

私のNYで担当しているお客様から新幹線の快適さ、スピード、車内サービスに感動したという話をよく耳にします。

今年の2月に日本に一時帰国した際に東京から鹿児島までお世話になりましたが車内での時間は16年アメリカに住む私にとってもとても楽しい時間になりました。

日本の技術が世界中の人達に利用してもらい感動してもらう事は同じ日本人として嬉しく思います。

職種は違えど私も美容師として日本の技術、サービスをテキサスの地でも広めて行きたいと思います。







2015年11月28日土曜日

トレンド解析〜日本とNYの違いについて。入り口編〜



こんにちは!妻(Yoko)です。
久しぶりの投稿ですが、今日はお仕事(Photographer,Nail Tec)を通じて感じた日本とNYにおけるFashionや流行の違いなんかをお話していきたいと思います。

まぁ、正直なところ結論から言いますと、大した違いはない

はい!答え出ちゃいましたよ!終わりじゃねーか!おい!(東村アキコ風にお願いします)

あ、すみません。
理由をちゃんとご説明したいと思います。

第一にNYには格好いい人ばかりがいると思っていては大間違いで、もちろんのことながら、人によります
そうです。個人のセンスによるわけです。

つまりお洒落な人とそうでない人がいるわけですが、それに関しては
日本の方が、みなさんの身だしなみに対しての意識が高い
と、私は思います。
偉そうに言わして頂けば平均点が高い。

そんな風に感じるのはやはり周りの目を気にするという民族性でしょうか?
もちろんアメリカに住む人も、ある程度気にはしているんでしょうが、日本ほどではないと感じます。


しかしながら、日本人はみんな同じ格好をしていると、時にネットでたたかれていますが、
NYも変わりありません
みんな似た様な格好をしているのです

でもそれは裏を返せばつまり、トレンドに敏感で、ある一定の流れにみんなが上手くのっているのではないでしょうか?

そんなわけで、NYも街を歩けば、『ああ、こんな感じが最近の流行りね〜』ってな事を感じるわけですが、
日本とNYでは大きく違う事が一つ

それはNYが世界でも有数の多民族Cityであること。


この街を歩けば白人、黒人、黄色人が入り交じって過ごしていることがわかります。
私個人の見解ですが、やはり人種(つまりは肌の色、体型、顔の特徴等)によってしっくりくる服装やメイクアップ、ネイルの色やデザインがあると思います。
なのでそれぞれの人種が特化した文化と共にファッションやトレンドを築きあげています。

つまり、各々の人種によって大体の傾向があるのです。日本と同じく。
日本には単純に黄色人が多いというだけかと。
ただ、そうやってたくさんの人がいる事がNYの人たちがお洒落に見える理由かもしれませんね。

事実、(私は人種も個性だと思っているので)個性がたくさん集まった街という意味では、NYはとっても刺激的で面白くて、お洒落な街です。


さてさて、そんなNYですが、次回は以上の事を踏まえて、私の感じる今のトレンドについて書きたいと思います。



あ、それと余談ですが、私の周りにはとんでもないファッションモンスター(めちゃめちゃお洒落やん!なんや!スゲー!!って思う人)が結構いるわけですが、
私は初めは彼らを前に、お洋服や美容を楽しむ事に気がひけていた、というか後込みをしていました。
が、仲良くなってみたら、ファッションというカッコいい響きの中にいるだけで、ただのオタクだという事が判明しましたので(笑)、周りを気にせず自分の好きなスタイルを好きな程度に楽しむのが一番だと思います



ではまた!










2015年11月23日月曜日

残り3ヵ月 BY Mitsuru

こんにちはMitsuruです。

N  Y`での生活も残す所3ヵ月を切りました。今年で最後のNYの冬を迎えるわけですが 真冬でも0度を下回る事はほとんどないDallasではNYで着ていた冬物のコート類を着る機会が減ってくるのでしょうね。 

NYでは2時間圏内で気軽に行けたスノーボードもDallasでは山がないのでしばらくはお預けになりそうです。。。

といっても飛行機で2時間も飛べばコロラドまで行けるのでそこで思う存分楽しもうと思います。


さて今日の本題に入ります。

面接

仕事を通じて現地に住む方達と信頼関係を作って行こうと考えています。

という事で職探しを始めました。

アメリカに来て初めて面接する側から面接される側になる訳ですが私が面接をする際に最重要視していた事。 

・相手の事を受け入れる事が出来る人なのかどうか?
 
 アメリカでは自分をプロモーションする事はとても大事な事だと思いますが自己主張があまりにも 
 強すぎる事は時として相手を傷つけたり迷惑をかける原因に繋がります。

 サロンワークは一人でやるものではなくチームワークだと私は思っています。

 突出した才能よりもサロン全体の底上げをして行く事に私自身満足度を感じます。

 その気持ちをいつも持ち続けて面接に望もう思います。


Hair Salon探し

Craiglistというアメリカ全土に発信をしている掲示板を使って働くHair Salonを探しています。

改めて探す立場になって見てみるとRent chairの求人をよく見かけます。

※Rent Chairとはサロンから椅子を借りて自分がスモールビジネスのオーナーになるという事で
    す。

テキサスの美容室で多く見られるのが一つ一つが個室になっている事です。土地が余っている証拠ですね。

キャッチフレーズには

・Why do you need co-worker
・no more stress
・You can do what ever you want!!
・you can work what ever you want!!

と言った言葉が使われていました。

私がやりたい事とはずれを感じますが時代の流れと共にビジネスのやり方も変わってきましたね。


これからもHair solon探しアップして行きます。




















 







2015年11月18日水曜日

報告!!! by Mitsuru

 こんにちはMitsuruです。

NYでの生活も残り3ヵ月となりました。 テキサスに移住計画を考え始めてか1年たちましたが

来年3月1日にテキサスに引越しを決めました。

嫁と相談した結果、とりあえずDallasに引越しをした後に米系のヘアーサロンで働き現地での情報を集めながらDallasとHoustonで物件探しをしていきます。
 









2015年11月6日金曜日

Texas 美容師ライセンス書換え by Mitsuru

こんにちはMitsuru です。

今日はNY美容師ライセンスからTexas美容師ライセンスに書換えの手順を説明します。


Texas 美容師ライセンス


NY州の場合、美容師免許を取得してから2年以上たっているとTexasの美容師免許に書き換える事ができます。

※週によって取得してからの期間が違うのでここからチェックしてください。https://www.tdlr.texas.gov/cosmet/cosmetstates.htm



必要な書類は以下の通りです。

・Application from (下のサイトからダウンロードできます)
 https://www.tdlr.texas.gov/cosmet/cosmetstates.htm
 
・有効期限のある美容師免許

・ライセンスが発行された州からの letter of certification

※私の場合はNYで発行されたライセンスなので下の サイトをクリックして

http://search.dos.ny.gov/search?q=0999&btnG=Search%21&ie=&site=NYSDOS&output=xml_no_dtd&client=NYSDOS&lr=&proxystylesheet=NYSDOS&oe=
 
 Request for Certification/Certified Copies of  Records をクリック

ダウンロード→記入→Formの右上の住所に郵送しました。
 
 手数料:$25




以上のファイルを同封して以下のアドレスに郵送しました。

TEXAS DEPARTMENT OF LICENSING AND REGULATION
P.O.BOX 12157
AUSTIN.TEXAS.78711-2157

手数料:$100




以上が書換えの方法になります。

NYの美容師さんTexasに興味のある方はご連絡ください。










2015年11月4日水曜日

Texas視察まとめ 妻編! by Yoko



こんにちは。妻(Yoko)です。

はてさて、夫さんがテキサスについて色々報告してくれました。
が、今回はわたくしの主婦目線でテキサスまとめて見ようと思います。



まず初めてのDallas(ダラス)!!

予想以上に美しい街で、とにかく高速道路の発達がすごい。
現在免許取得中のわたくしも走れそうなくらい広い!道キレイ!
ちょっと安心☆

そして何よりテンションの上がったDAISO〜!!!
皆様ご存知100円ショップですが、こちらは1ドル50セント
いや!上出来!今のレートで言うとこの値段で充分満足!!
広さも品揃えも日本に負けず劣らずで(といっても7年前の京都と比べ)もう本当テンション上がりました!!
日本や、ここは、、、、!!と完全にわたくしのハイライトでした。

さらに日本食スーパーマーケットのミツワもできるそうですし、今ニューヨークでしているような生活をしていくのに問題はなさそうです。

しかもダウンタウンもお洒落なカフェとかあるし、ギャラリーとかあるし!
なんか落ち着きがあって、わたくし的にはかなり好印象。





そして次は、こちらも初のAustin(オースティン)!!

前評判通り、若い方が多い!とにかく多い!
テキサス大学の近く、ダウンタウンは昔のNYはBrooklyn、Bedfordをみてるよう。
大都市感はないものの、良い意味でローカル感もあり、パワーがあり、まだまだ今後洗練されCoolな街になっていくであろう雰囲気がプンプンしました♪

しかし、ん〜、ここは学生時代に来たかった。
というのが正直な感想です。
いやでもとっても素敵な街で、ダウンタウンはいっぱい人も歩いてるし本当に楽しそうなんですよ!
パーリーパーリーで!
パーリー時代に来たかったってゆうだけです。笑。




そしてそして最後は二度目の訪問、Houston(ヒューストン)!!
相変わらず、暑いっすね。真夏か。笑。
とにかく暑い。京都を思い出す暑さ。水分が常に必要。笑

しかし、今回はNASAの近所まで足をのばしウロウロ。
また前回もみて回ったあたりもウロウロ。
個人的な印象としてはオイル経済ってのもあるのか、外国人が多く、でも、下町感がある。
良い意味でメインビジネスに特価してる。
働く街。動く街。
そんな印象を受けました。

日本人コミュニティの大きさでは三都市で一番で、日本食レストランやスーパーもできていました。
日本人が多く、奥様方同士のつながりも割とみなさんあるそうで、、、
お友達が出来やすそうな予感!!
これに尽きました。







そしてまとめとして、
三都市に共通して言える事が何点か、、、

①とにかく家賃が安い!(つまりは夢のマイホーム計画がしやすい!!!)

これって最高じゃないですか?いや、NYが恐ろしく高いってゆうのもあるんですが。
NYはとにかく高い。東京24区くらいですか?
いや、現在高騰中なのでそれ以上ですかね。

それに比べテキサスは三都市共にもちろんダウンタウンはお高いんですが、ちょっと郊外(車で15分〜30分程度)はとにかく安い。
アパートと一部屋とっても広い新しい


アパートで例をあげると、NYと同じ金額を払えば、
アートギャラリーの様な受け付けに!!
ジム•プール•BBQスペース付き、さらにはバーの様なプレイルームも完備!!
部屋内はもちろんアイランドキッチン

新築アパート(←ここポイント)に住める!!

驚きも驚き。
憧れも憧れ。
住みたい。

参考:ネット拾いもの写真ですが。こんな感じでも至極普通レベルな印象です。



三都市で色々な方からご紹介頂いた在テキサス日本人の方々のお宅にお邪魔したんですが、
皆様、ええ。ええ。そりゃ〜もう。

3bedroom,,,4bedroom,,,庭付き,,,素敵なワンちゃんも走り回り,,,

って家、巨大か!!!!

って叫びそうな素敵なマイホームをお持ちの方ばかり。笑
いや、我々にはまだまだ夢ではありますが、頑張るエネルギー源になりそうです。


②家賃だけではなく、物価が安い!
スーパーマーケットのちらしを確認してみたんですが、現在の我が家の近所のお安い八百屋さんに比べても安い。
日本のもののような特別なものは同じくらいの価格でしたが、アメリカのものはやはり安いですね〜。
レストランももちろん場所によりけりでしょうが、全般的に安いという印象でした。



③街がまだまだ発展中で郊外に広がっている。

現在テキサスには多くの企業、人々が移っています。
それは我々が予想をしていた以上で、テキサスがビジネスをしやすい州No,1に選ばれたという事実を基づけるような光景をたくさん目にしました。


ますます興味深い州テキサス。
しかし、これと同時にNYCの魅力にも気がつきました。

今後はNYCの魅力、つまりはトレンドの先にあるこの街で働いていて感じる事もお伝えしたいと思います!

こちらは夫さんのまとめです!
Texas 視察 まとめ by Mitsuru
こちら以外にも都市別の感想も出ていますので見てみて下さい☆

では、また!